IT資産管理対策はRIAMSにお任せください。

こんな事で困っていませんか?

こんな事で困っていませんか?

IT資産管理に課題を抱えている方は多いと思います。何かしなければいけないけど、何をしたら良いのか?その手掛かりをつかむ事が難しいという話をよく聞きます。下記のような事でお悩みであれば是非一度お問い合わせ下さい

  • ソフトウェアパブリッシャーなどによるライセンス監査が怖い
  • セキュリティ対策を効果的に行いたいが、見えない資産があると思う
  • クラウド契約など各部門で契約されているケースがあり、セキュリティ、コストの両面で不安がある
  • 対策を考えているが、何をすれば良いのか分からない。いつも付き合っているベンダーに聞いてもシステムの売込をされるだけ
  • そもそも誰に何を相談すればよいのか分からない
  • IT関連コストの低減を経営から要求されるが、これ以上下げる事は不可能だと思う
  • ソフトウェアの脆弱性管理の為に、会社で利用できるソフトウェアを限定したいがどうすれば良いのか分からない

システムを導入すれば解決する?

システムの事のだから従来のITサービスを提供する会社に相談して、何を買えば問題が解決するのか?という質問をする方が多く見られます。IT資産管理の対策には管理システムは必要になりますが、管理システムを購入しても、業務で利用する事が出来なければ問題の解決が出来ません。導入するITベンダーがIT資産管理業務を理解してサービスを提供していれば安心ですが、現実は自社が販売したいシステムの機能説明に終始するベンダーも多いのではないでしょうか?

IT資産管理の基準

改善のために何をするのか?について、多くの人は過去からの積み重ねや、インターネットの情報を参考に検討される事が多いと思います。しかし、我流の管理や個別の判断基準で紹介された方法は、属人性が高く、結局改善が出来ないばかりか、対策コストだけが掛かり失敗するケースもあります。IT資産管理の基準として、ISO/IEC19770ファミリー(ITAM)が存在し、それを基準として業務を見直す事が効果的です。世界中の専門家が様々な経験を持ちより作成した基準ですので、きっと業務改善のお役に立てると思います。

問題の解決は現状把握から

問題を解決しようとする場合は、システム導入の前に現状業務の把握をする必要があります。対策を検討する時のスタートは、今のまま放置した場合、どんな問題が起きるのか?という事ではないでしょうか?

IT資産管理対策を検討する際も、この現状把握がとても重要です。IT資産の利用について、今何が起きているのか?それは何故か?これを放置するとどうなるのか?という観点で現状を可視化し、対策の有無、優先度を検討します。その後、対象資産(ハードウェア、ソフトウェア、ライセンス、契約)について調査を実施し過不足や許諾条件違反、無駄な契約を洗い出します。同時に原因を把握する為に、現状の管理方針、管理規定、管理体制、周知状況などの把握も行います。

まずはお気軽にご相談ください

長年IT資産管理対策専門で対応してきた経験から、あなたの会社にとって必要な改善方針を実現可能な状態でご提案します。まずは無料の相談サービスを準備しましたので、遠慮なくご依頼ください


サービス一覧

>IT資産管理の専門家にお任せください。

IT資産管理の専門家にお任せください。

IT資産管理の課題を解決します。
まずはお気軽にご相談ください。

CTR IMG